ライバーとは、ネットライブ配信アプリを使って、ライブ配信収入を得ている人のことです。ライバーは、ライブ配信することによって、視聴者とリアルタイムでコミュニケーションがとれ、自分のファンを増やせます。ライバーは、「生放送の配信者」なのです。

今回は、ライバーについて、仕組みや収入、できることなどを紹介していきます。

目次
ライバーをはじめるためのライブ配信の仕組み
ライバーの収入
ライバーにできること
ライバーの配信内容
ライバーに向いている人
ライバーになるには?
まとめ

ライバーをはじめるためのライブ配信の仕組み

リアルタイムなコミュニケーションがとれるライバーは、どうやったらはじめられるのでしょうか?

具体的には、次のライブ配信サービスを使った生放送となります。

ライバーを始めるためには、ライブ配信アプリのインストールが必要です。ライブ配信するには放送開始予告をして、時間になったらスマホ越しに顔出しで生放送を開始します。

視聴者もスマホにライブ配信アプリをインストールして、視聴したいライバーのライブ配信枠を見つけて、入室し、視聴する仕組みです。

ライバーは、ライブ配信中、画面全体に自分の顔を公開することが多く、顔出しをすることから、視聴者に自分をさらけ出す姿勢を見せています。自分が顔出ししている下の部分に、視聴者の情報やチャットコメントなどが表示され、「生放送の視聴状況」が把握可能です。

ライブ配信では、ライバーが顔出しないケースもあります。ゲームの実況放送や手だけを映した料理実況などです。

ライバーの収入

ライバーは、視聴者が応援の気持ちを込めて贈る「投げ銭」が主な収入源となります。投げ銭は、「ギフト」などライブ配信アプリによって、呼び方が違います。

応援の印となるギフト(投げ銭)以外には、人気ライバーになると、ランキングボーナスがもらえるサービスもあります。もらったギフトなどは、現金やポイントへの換金が可能です。

ライバーにできること

ライバーにできることは、「視聴ファンを獲得する」ことがあげられます。視聴ファンを増やして、多くのファンから投げ銭を贈ってもらうことで、生計を立てているライバーもいます。

ライバーの配信内容

ライバーがライブ配信でどのようなことを配信しているか?紹介します。

おしゃべり

日常の出来事

ひとりごとに近い世間話

画面越しに披露できる特技

歌の披露

楽器演奏

ダンス

制作した作品の紹介

料理

体操

ヨガなど

規約で制限されていなければ、画面越しであらゆる自己アピールができます。

ライバーに向いている人

ライバーに向いている人は、ライブ配信を通して、視聴者と交流したい人です。ライバーの中には、歌手志望やタレント志望の人が、地道なアピールの場としてライブ配信アプリを使っているケースもあります。

ライバーになるには?

ライバーになるために、とくにルール設定はありません。しいて言えば、スマホ(iPhone・Android)を所有していることが前提です。それとネット環境とアプリをインストールすれば、ライバーとして、生放送を配信できます。ライバーは、ユーチューバーとちがって動画配信技術をおぼえる必要のないことが特徴です。

人気ライバーを目指すためには、毎日の継続配信とできるだけ長い時間の配信が必要となります。毎日続けて配信したり、長い時間配信することにより、多くの視聴者を集められるからです。

はじめのうちは、他のライバーの放送を参考にして、配信する時間帯なども考えることがポイントとなります。ライバーは、一方的ではなく、視聴者といっしょに盛り上がることを意識することも必要です。集客効果を高めるためには、SNSとの併用も効果があります。

まとめ

今回は、ライバーについて、配信内容から、ライバーになるためのヒントまで紹介してきました。これからライバーになろうとしているライブ配信に興味のある人は、無料ではじめられる気軽さから、ぜひ続けられる範囲で試してみることをおすすめします。